初めての葬儀でも安心!流れ・費用・葬儀社の選び方などの基本情報を分かりやすく解説

葬儀を行う際には流れや費用またどのような式場にするかなどの業者を選定する必要があります。
突然の事故死や病死で遺族に心の準備が出来ていなかった場合でも、病院や親族と相談して費用の選定や式場を選ぶ事もできますので心配する必要はありません。
宗教儀式という側面もありますので、故人の宗教や趣味趣向に合わせる様にしていきます。
基本情報としては、宗教や参列する人数や費用を事前に計算していき故人が満足するようにしていきます。

初めての葬儀でも安心!流れ・費用・葬儀社の選び方などの基本情報を分かりやすく解説

葬儀は、突然の死別であれば特に心の準備が出来ていない状態ですが、短い時間の中で費用であったり葬式の方法を決断していく必要があります。
基本情報としては、葬儀の規模を事前に確認していく必要があります。
数年前までは、近所の人に対して広く告知して盛大な葬儀をする事が一般的でした、しかし核家族化が進んでいき近親者だけで葬儀を執り行う家族葬が一般的になってきています。
他にも、故人の希望を重視して葬儀社と相談して進めていきましょう。

そもそも葬儀とは?通夜や告別式との違いは?

葬儀とは、故人を偲んで成仏を祈願する儀式のことをいいます。
人が亡くなる状況は、突然の病気や事故であったり長年闘病していたりと様々であり、簡単に受け入れられるものではありませんが、葬儀は残された人の心の整理をしたり最期のお別れをしたりする場でもあります。
一般的なお葬式は、通夜と告別式の2日間に渡って行われますが、そもそも何が違うのか、以下その違いについて述べていきます。
まず、通夜とは、告別式の前夜に執り行われる儀式のことを指します。
実施時間は夕方以降~夜にかけて行われる宗教的な儀式です。
儀式の後は、一般参列者に対する飲食の席が用意されます。
一方、告別式はお通夜の翌日の昼間に行われ、親族や参列者が故人と最期の別れをする社会的な儀礼です。
一般参列者に対する飲食の席が用意されることはありませんが、火葬に立ち会う親族には精進落としの席が設けられます。
なお、どちらも基本的に喪服を着用して参列することがマナーです。
もっとも、通夜に関しては、出先で訃報を受けて急遽参列するなどのこともありうるため、平服でよいともされています。

一般的な葬儀・告別式の流れとは?

葬儀の風習は地域や宗派によって異なる点がありますが、おおむね同じ流れとなります。
一般的には、お通夜の翌日に告別式が行われます。
故人との関係が薄い場合は、お通夜のみに出席してもマナー違反ではありません。
告別式は葬儀の中心となる儀式で、僧侶による読経や出席者による焼香などが行われます。
また、遺族や友人の代表者から追悼のスピーチがあるのも一般的です。
司会者から、当日に会場に来られなかった人からよせられた弔電が読み上げられることもあります。
告別式の所要時間は1時間程度ですが、家族葬の場合はさらにシンプルに済ませることも可能です。
その後は火葬となりますが、ここには一般の出席者は参加しません。
火葬のあと、告別式の会場に戻って初七日の法要を営む事例もあります。
遺族が集まる回数を減らすため、告別式と初七日の法要をセットにするのは葬儀の流れとしてはよくある事例です。
葬儀会社のスタッフが全体のスケジュールを把握してくれるので、喪主の負担は軽くなります。

多様化する葬儀スタイル!種類別の特徴とは?

亡くなった人をどういった形で悼むのかは、多様化しつつあります。
実際に、従来までは凝り固まった方法でしか葬儀をあげることもできなかったのですが、近年ではこういった形式にとらわれない様々な形での葬儀が登場しています。
例えば、大きく分けると生前に行うものと亡くなった後に行うもので分かれています。
生前のものでは、生前葬というものが存在します。
年連を重ねている人にとっては、自分の死期を悟って事前に周辺の状況を整理する人も増えています。
そういった人が行うのが、生前葬と呼ばれるものです。
また、家族だけで執り行われる家族葬というものも人気が高いです。
それまでの葬儀は、第三者も集まるような形で行うことが多かったです。
確かに、こういった方法はより多くの人に弔ってもらうことができるという観点からも魅力はあります。
しかし、周囲に気を使ったりしなくてはならないので、実は残された家族の心身の負担にもなりやすいというデメリットがありました。
こういった状況にならないようにするためにも、多様化された葬儀が登場しているのが特徴です。

葬儀を行うのは亡くなってから何日目?

葬儀は、故人が亡くなった翌日に通夜を執り行い、翌々日に葬式を執り行うのが一般的です。
しかし、仏教とは全く関連性がない六曜に基づく暦の「友引」や「仏滅」と被る場合には日程を一日ずつ延期するのが一般的であり、遅くとも亡くなってから3日以内の葬儀が執り行われています。
友引は、六曜の考え方で災厄を友人にまで及ぼす方角の意味であり、広義の意味で友人を黄泉に誘うイメージがあることから避けられています。
仏滅は、友引と同様に六曜の考え方で全てを滅する方角であり、仏までも滅してしまうイメージから仏教と関連づけられて避けられているのが実情です。
六曜の考え方では、全てが滅する方角であることから仏滅よりも縁起が悪いとされる「赤口」に葬儀を執り行っている事実に違和感を感じない日本人は、非常に不思議な民族と言えます。
火葬は、昭和23年に施行された「墓地、埋葬等に関する法律」により死後24時間経過しないと行うことが出来ず、直葬でも翌日もしくは翌々日に葬儀が行われます。

葬儀に関する情報サイト
葬儀の流れ

葬儀を行う際には流れや費用またどのような式場にするかなどの業者を選定する必要があります。 突然の事故死や病死で遺族に心の準備が出来ていなかった場合でも、病院や親族と相談して費用の選定や式場を選ぶ事もできますので心配する必要はありません。 宗教儀式という側面もありますので、故人の宗教や趣味趣向に合わせる様にしていきます。 基本情報としては、宗教や参列する人数や費用を事前に計算していき故人が満足するようにしていきます。

Search